HOME>アーカイブ>糖尿病の症状はどんなものがある?改善方法などまとめ!

糖尿病の症状とは?

糖尿病は初期の段階では症状に気付きにくい病気ですが、疲労感や皮膚の乾燥、目がかすむなどの症状が次第に起こるようになります。

糖尿病改善の方法とは

  • ゆっくりよく噛んで食べるように心掛けます。
  • 規則正しく食事を摂るように心掛けます。
  • お腹いっぱい食べるのではなく、腹八分目を心掛けます。
  • 夜遅くと寝る前には食事をしないように心掛けます。
  • ウォーキングや水泳などの全身運動を行いましょう。
  • 全身の筋肉を鍛えられるような筋トレを取り入れましょう。
  • いろんな栄養素をバランスよく摂取するように心掛けます。
  • 1日に必要なエネルギー量はちゃんと計算しましょう。
  • 運動は簡単すぎず、少しきついと感じる程度が良いと言われています。
  • 運動の頻度は毎日が望ましいですが、少なくとも週に3回は行いましょう。

自己管理をする

男女

生活習慣病でもある糖尿病について基本的な知識がなくては、症状に対応することができないことを自覚している人は少ないです。なんとなく他人事のように考えてしまったり、自己管理をしなくてはいけないのに家族に相談をしていないケースも見受けられます。そうなってしまうと本来の初期対応がしっかりしていると治るものが、なかなか時間をかけても治らない病気となって命を蝕んでしまいます。食事療法ではカロリー制限はもちろんですが、栄養をどれだけ取らなくてはいけないのかを考えないといけません。

栄養バランスを考えた食事

カウンセリング

糖尿病になった場合には症状から見て治療をしていくことになり、ダイエットが必要な人から運動を重視する人までいます。基本的に食べ物を考えなくてはいけないケースでは、炭水化物・脂質・タンパク質の三大栄養素をベースにしてバランスよく食べることが望ましいです。しかし、糖尿病の重度の場合では炭水化物を減らして必要なビタミンやミネラルも含めた、トータルバランスを考えることが治療に役立ちます。そして食事には食べる時間帯や回数なども考慮しなくてはいけないので、医療機関の管理栄養士にアドバイスをもらうことが一番です。特に食べ合わせなども考えると、栄養がどのように身体に働くのかもわかりやすく健康に向けた糖尿病食を取ることができます。

広告募集中