聴神経腫瘍とはどんな症状でしょう?

聴神経腫瘍の初期症状は耳の聞こえが悪くなったり、耳鳴りが起こったりなどがあります。それ以外にも、頭痛やバランス感覚が悪くなるなどがあります。

聴神経腫瘍の改善方法

no.1

経過観察を行い腫瘍を確認する

定期的に耳鼻科に通う必要はあるものの、腫瘍が小さい場合は経過観察を基本行います。

no.2

ガンマナイフを使った放射線治療

腫瘍が3㎝未満である場合で治療が必要だと医師が判断した場合は、ガンマナイフを使った放射線治療を行います。

no.3

中頭蓋窩法を使った手術

中頭蓋窩法とは、側頭部の骨を取り外して側頭葉を持ち上げながら腫瘍を取り出す手術です。

no.4

経迷路法を使った手術

経迷路法は、耳の後ろから中耳・内耳を経由して腫瘍を摘出する手術です。開頭はしないで、中耳炎の治療と同じようなアプローチをします。

no.5

副腎皮質ステロイドを使った治療

神経回路を回復させるために、副腎皮質ステロイドを使った薬剤の投与を行いますが回復しない恐れもあります。

女性

聴神経に出来る良性の腫瘍です

聴神経腫瘍は、聴神経に出来る良性の腫瘍です。小脳の近くには多くの神経があるので、主要が出来てしまうと様々な症状が出てきます。耳の聞こえが悪くなったり、耳鳴りなどの症状が見られることもあります。突発性難聴と症状が似ていますが、MRIなどで検査をすると診断が付くことが多いです。初期段階では自覚症状が少ないですが、腫瘍が大きくなってくると顔面神経麻痺などの症状が見られることがあります。良性の腫瘍なので、他の臓器に転移をする心配はありません。比較的若い年代の人や、病気の進行が速い場合は手術を行うことが多いです。手術をする前に麻酔をするので、施術中に痛みを感じることはありません。数日間は入院が必要ですが、手術を受けることで病気が根治することが多いです。病気を早期で発見できると、体に負担の少ない治療が受けられます。

放射線療法なども有効です

聴神経腫瘍はMRI検査で診断が付くことが多く、腫瘍の大きさや神経への影響などを確認することが出来ます。比較的症状が軽い場合は、経過観察を行うこともあります。手術以外の治療法を知っておきたい人が多いですが、放射線療法なども有効です。頭部を開ける必要がないので、体に負担が少ないのが特徴です。放射線療法を行うことで、病気の進行を遅らせることは出来ますが、根治をするのは難しいです。腫瘍が大きくなってくると、神経を圧迫してくるので、外科手術を勧められることが多いです。聴神経腫瘍はめまいや吐き気、耳が聞こえにくいなどの症状が見られるので、早めに専門クリニックを受診することが大事です。口コミで評価の高い医療機関を選ぶと、高い技術を持った医師が在籍をしています。聴神経腫瘍は、誰でも罹る可能性があるので、気になる症状が見られる場合は検査を受けましょう。

広告募集中